BACK  NEXT 

★お風呂の鏡の曇り止め★

色々有ると思いますが、
私はいつの頃からか忘れましたが、こうしてます。

まず、鏡にシャワーで水(湯)をかけ、すぐに鏡の上のほうに
風呂用洗剤(バスマジックリンとかルックお風呂の洗剤とか)を
横にスーッとかけます。次に手で下に洗剤を伸ばします。

この場合スプレータイプよりも
←のような、ボトルタイプの方が便利です。

最初、少し泡が立ち、見にくいですが、すぐに見やすくなるので
お風呂に入っている間はよく見えます。

★くれぐれも洗剤を伸ばした後から、水をかけないことです。

癖ですぐ鏡に水をかける方には、効果がありません。
そういう人には向かない方法ですが…
この方法は持続しませんので、お風呂に入るたびにやります。
曇りの気になる方は、お試しあれ、あれ〜♪
ひどいお鍋のコゲ!を落とす方法
鍋のひどい焦げは?
焦げた鍋に台所洗剤をかけまわします。
ドンドン焦がして、全部炭になるまで 焦がします。
★換気扇を回すのを忘れないでネ。
          ↓
焦げが炭状態になったら、自然に熱を冷まします。
焦げが取れるはずです…

※それでも取れ無ければ、スプーンの柄などで こそぎ取り、
ボンスターでごしごし洗うしかないデスネ

※焦げを炭状態にした鍋を、熱いまま水に冷やすと、
鍋が変形する事が有りますのでご注意を!



独身の頃、自宅で仕事をしていたので、
仕事に集中していると、タイマーを使っていても
よく焦がしました。偶然に見つけたワザなのです。

有機物質は燃えれば炭になり、灰になるだろうと考え、
それなら灰になるまで燃やしちゃえ。と。
それだけでも、焦げは落ちたのですが
偶然に台所洗剤が飛び散り、燃やしている最中の
鍋に入りまして、なんと、洗剤の処だけ、筋状に
焦げがめくれてきて、なんと、鍋肌がきれい!
それで、この方法を思いついたのです。

プロの料理人にも教えるのですが、
皆、えーーーっ!と言います。ご存知無いようで…
大変 乱暴な方法ですものネ(^_-)-☆

ただ、失敗も有ります。
木製の柄の付いた鍋は柄が燃え落ちます。
削って入れ直せばよいのですが、柄が短くなってしまいます。

 BACK NEXT